キャットフードの種類

キャットフードにもさまざまなタイプが増えてきました。

ドライフードの中でも種類が多くあり、缶に詰められたウェットタイプのフードもあります。この違いを飼い主の気まぐれや値段だけで選んでしまうと、結果的に飼い猫の健康を損ねてしまうことがあります。
どのようなキャットフードを与えるのが良いのか、という点は猫の種類や飼い方、運動量などにもよりますので、よく考えて与えるようにしてください。

ドライタイプのキャットフードは消費期限が長いというメリットがあります。しかし、開封後から酸化が始まるので、保存方法には気をつけた方が良いでしょう。
セミモイストタイプのキャットフードはいわゆる「半生」のキャットフードになります。品質保持のために添加物が含まれているので、飼い猫の健康のことを考慮するとあまりおすすめはできません。
最後にウェットタイプのですが、こちらは水分含有量が75%以上のキャットフードを指します。においや肉の触感が強いため猫の食いつきが良いですが、価格がたかいことと、食べかすにって歯石がつきやすいという面があります。

安易に選んだキャットフードばかりを与えていると、健康に影響を及ぼすことがありますので、キャットフードを選ぶ際は、原材料や、種類によるメリット・デメリットなどに十分に注意をしましょう。